車を買うならディーラーローンと銀行のマイカーローンのどっちがお得?

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/05


車を購入するとなると、ある程度まとまったお金が必要になります。新車が欲しい場合、最低でも100万円以上用意しなくてはいけませんし、欲しい車種やオプションによってはさらに費用が上乗せされるため、ローンを利用する人も多いでしょう。そこで、今回はディーラーのローンと銀行のマイカーローンを比較していきます。

ディーラーローンとは

ディーラーローンとは、ディーラーで車を購入した際に提携を結んでいる会社が提供してくれるローンのことです。車を買うと同時にローンに申し込めるため、流れがスムーズになる点が特徴的。わざわざ銀行や別の保証会社などに出向かなくてもローンを組めることから、手続きの手間を減らしたい人に向いています。借り入れの際は購入した車がそのまま担保になるのです。

2種類の形式

ディーラーローンにはフルローンと残価を設定できるローンがあります。

フルローンとは、車の代金を全額ローンとして組み込み契約月数を決めて分割して支払っていく方法です。金利はやや高く設定されますが、ローンを払い終わると車の残価がないため、所有者は自分に移ります。

それに対して、残価を設定するローンは下取り前提で残りの金額を借り入れ返済する方法のことです。返済する金額はこちらのほうが少なく金利も低いという特徴がありますが、ローンを返済しても車は自分の物になりません。残価分をその場で支払って買い取るか、再びローンを組んで返済しながら買い取るか、車をディーラーに返却してまた新しい車を購入するかという選択を求められます。数年単位で新しい車に乗りたいという人は、残価設定ローンがおすすめです。

銀行のマイカーローンとは

マイカーローンは車を購入する際に、その購入資金や免許の取得資金、各種関連用品や付属品(消耗品)を対象としたローンです。車に関する幅広い用途に使用できて、銀行の他に信用金庫などでも取り扱っています。銀行だと条件をクリアすれば1,000万円という高額なローンを組めることもあり、高級車が欲しい人にとってはありがたい限りでしょう。

ディーラーローンの金利は車種の重量によって変わるのが一般的ですが、マイカーローンは銀行が設定している金利ですみます。適用される金利は変動金利と固定金利から選べるので、自分に合ったほうを選択してください。また、残金さえ清算すれば自分の好きなタイミングで手放したり買い替えたりできるのです。

デメリットは?

マイカーローンは銀行や信用金庫に足を運び、自分で別途手続きしなくてはいけません。その分の手間と時間がかかることを覚えておきましょう。仕事や家事、生活で忙しい人は、余裕を持ったスケジュールを組んでおかなければ購入に間に合わなくなってしまう可能性があります。審査が厳しく予想以上に時間がかかったり、最悪審査を通らなかったりするトラブルも考えられます。自分で予算を考えて予定を調整しながら手続きと購入を同時に進めてください。

ディーラーローンとマイカーローンの違い

どちらも車を購入する際に利用するローンではありますが、大きな違いがあります。

まず、ディーラーローンは車を担保にしてお金を借りるため審査基準がそこまで厳しくありません。それに対して、銀行は今までの情報から「お金を貸してもきちんと返済してくれる」という判断ができた人にのみ融資します。年収が低かったり、過去に信用情報に傷がついてしまったりしている人は、審査に通らない可能性が高くなります。マイカーローンの審査は数営業日かけて行われ、土日祝日など銀行が休みの場合は翌営業日に持ち越されるのです。すぐに結果が出ないことを覚えておきましょう。審査が厳しいと聞くと、それだけでマイカーローンの利用を選択肢から外してしまうかもしれません。

ですが、ディーラーローンの金利は4~9%が一般的であるのに対して、マイカーローンは1~4%と低く設定されています。保証料や手数料も借りる人が負担しなくていいなど、メリットも大きくなっています。ディーラーローンは車の購入にしか使えませんが、マイカーローンは免許取得や車検、各消耗品の購入など様々な用途に使える点が魅力的です。車購入時だけでなくいつでも申し込めます。金利が高く車にしか使用できないものの借りやすいという特徴があるディーラーローンと、審査は厳しいけれど用途が豊富で金利面でお得なマイカーローン。それぞれのメリット・デメリットを比較して、自分が優先する条件に適しているほうを活用してください。

まとめ

ディーラーローンと銀行のマイカーローンの2種類を比べました。それぞれ異なる魅力がありますが、車という大きい金額が動く買い物において金利は非常に重要です。じっくり時間をかけてマイカーローンを利用するとお得にすみますし、どうしてもすぐに借り入れしたいときはディーラーローンを利用するという選択肢もあります。自分に合ったほうを選び、車の購入に役立ててください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

車を購入するとなると、ある程度まとまったお金が必要になります。新車が欲しい場合、最低でも100万円以上用意しなくてはいけませんし、欲しい車種やオプションによってはさらに費用が上乗せされるため
続きを読む
軽自動車を購入しようとすると、初期費用・月額のカーローン返済額・維持費などさまざまなお金がかかります。そのため、購入とリース・レンタルはどちらがお得なのかわかりづらいもの。そこでこの記事では
続きを読む
軽自動車を購入する際、どの店舗で買うかは重要です。直接ディーラーの元を訪れるのか、それとも中古車販売店を利用するのかで得られるメリットやデメリットが変わってくるからです。今回は自動車販売店ご
続きを読む