軽自動車はセカンドカーにぴったり!その具体的な理由について解説

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/01/13

自動車を一家に1台ではなく2台、ちょっと贅沢だと思うかもしれませんが、どうしても必要で購入しなければならないこともあるでしょう。また、2台目を所有することで、生活がより便利になることも期待できます。すでに1台車を持っている場合はどのような車を選ぶべきか、セカンドカーの所有について解説していきます。

車を2台持ちする利点とは?

公共交通機関に恵まれていない場所で生活しているのなら、一つの家庭で複数台の車を所有することは珍しいことではありません。しかし、たとえ交通の便がよい所に住んでいても、車を1台だけでなく2台持つことで、より便利に生活できるのでおすすめです。車を2台持ちすることの利点について説明します。

子どもがいる家庭で便利に使える

一家で所有している車が1台のみの場合、平日はご主人が通勤で使用し、休日は同じ車で家族そろってショッピングや行楽に出かけたりする場合も多いと思います。

でも、もし子どもさんが小さいなら、小児科や歯科、耳鼻科など頻繁にお世話になることも多いですし、そういう時にもう1台車があったらと思うはずです。その日はご主人の通勤手段を車以外にしてもらうか、または奥さんがご主人を会社まで送り迎えする方法もありますが、手間も時間もかかって大変でしょう。

夫婦がそれぞれ1台ずつ車を持てば、それぞれの都合に合わせていつでも車を使用できます。子どもの塾や習い事の送迎も、奥さん専用の車があればグンと便利に使えるはずです。

目的に合わせて使い分けられる

車を2台所有するといっても、同じタイプの車を2台持つわけではなく、目的に合わせた使い方ができるよう、異なるタイプを選ぶと便利で経済的です。使い分けの例を挙げてみましょう。

・ご主人が通勤に使用&休日みんなでお出掛けする時に使用する普通車を1台、奥さんが子どもの送迎や近場の買い物などに使用する軽自動車を1

・ご主人の通勤用として軽自動車を1台、休日に活躍するファミリーカーを1

「もしも」の時に備えられる

事故や故障などが起こり車を使用できなくなった場合、代車を確保できなかったら生活に支障が出てしまうものです。でも、車をもう1台所有していればこのような事態でもなんとか対応できるし、慣れない代車よりも安心してハンドルを握ることができるでしょう。

セカンドカーを所有する上で注意するべきポイント

このように利点が多く便利な車の2台持ち、セカンドカーの所有ですが、注意する点もあります。ご存知のように車を維持していくための維持費も2台分必要になりますし、もちろん購入する際の車の本体費用、登録諸経費や納車費用もかかってしまいます。

車を所有することでかかる維持費

・自動車税

・自動車保険

・車検費用

・駐車場代

この他にも、車検以外の点検・メンテナンス代が必要になりますし、点検して修理が必要ならその修理代もかかります。かすってできた傷やへこみなども必要に応じて修理する必要があり、予想外の出費がある可能性もあります。

また、ガソリン代も2台分になるわけですが、ガソリンが安い時はよいけれど、高騰すると2台分のガソリン代は家計を圧迫するかもしれません。

駐車スペースの確保

自宅とは別の場所に駐車場を借りれば、駐車場代がかかります。1台目は自宅近くに借りることができても、2台目は同じ場所に借りることができず、離れた場所になる可能性があります。

また、自宅敷地内に駐車する場合でも、1台のみと2台駐車するのとでは勝手が違ってくるものです。ギリギリで毎回駐車するのに神経を使い、あまり運転が得意でなければぶつけてしまう可能性もあるでしょう。

セカンドカーの選び方のポイント

セカンドカーはどうやって選べばいいでしょうか。

維持費を把握しておく

購入してからやり繰りに困らないよう、あらかじめ維持費を把握しておくことが大切です。税金や車検費用、駐車場代など、自分が出せる範囲で車を選ぶようにしましょう。ちなみに税金や車検費用など、普通車よりも軽自動車のほうが安くなります。

用途に合わせて車を選ぶ

どのような目的でセカンドカーを購入するのか、その点も考慮しましょう。たとえば、通勤用なら1人で乗るため燃費がよく運転も楽なコンパクトな車、軽自動車などが向いているでしょう。また、休日家族や友人とキャンプやスキーに行く車なら、4WDSUVタイプを選ぶのがおすすめです。

軽自動車はセカンドカーにぴったり!

すでに1台所有しており、セカンドカーの購入を検討しているのなら軽自動車がおすすめです。

維持費を抑えることができる

普通車と比較して、税金や車検費用、メンテナンス代など維持費が安く、燃費もよいのでガソリン代も抑えることができます。

運転も楽で使い勝手がよい

普通車よりも小型で取り回しが楽なので、お子さんの習い事の送迎や近所への買い物にも便利です。「ちょっとそこまで」が気軽で便利な軽自動車です。

駐車スペースを取らない

自宅の敷地が広大なら問題はありませんが、一般的な住宅なら「ここにもう1台駐車したらどうなるか?」も考えて車を選んでください。車体が小さい軽自動車は、普通車よりもスペースを取りません。

 

車の2台持ちは、便利ですが維持費も2台分になるので購入前にどのくらい必要になるか把握しておくことが大切です。軽自動車なら普通車に比べて維持費が安く、車体が小さいので取り回しも楽チンです。セカンドカーを選ぶなら、ぜひ軽自動車を検討してみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

中古車の相場は、年々高騰しています。さらに、世界的な半導体不足と新型コロナウイルス感染拡大が高騰に追い打ちをかけています。「新車の納車に時間がかかり中古車を検討している」「中古車の高騰はいつ
続きを読む
車を購入する際、希望の車を新車か中古車で買おうか悩まれる方が多いですよね。とくに、綺麗な新車か価格が安い中古車かが悩みポイントとして多く挙げられます。そんな方には、新・中古車のよい部分を集め
続きを読む
近年、駐車場やトイレが完備されている道の駅などで、車中泊をする人が増えてきています。車中泊と聞くと、ミニバンやワンボックスなど、大きめの普通車を想像するかもしれませんが、1~2人の車中泊であ
続きを読む